Takuro Mania > Live2004

TAKURO & his BIG GROUP with SEO again 〜This precious story - この貴重なる物語〜
-Oct.03,2004 名古屋国際会議場センチュリーホール

日帰りで名古屋公演見てきました。
しかし盛り上がりましたねぇ
東京よりも客のノリがいいかも。最高!!
拓郎コールも凄まじく、比較的女性の声が多かったかも
とにかく、「落陽」「全部だきしめて」「英雄」「人生を語らず」「旧友再会フォーエバーヤングagain」で総立ち(本当に総立ちだった)

8月25日の神奈川県民ホールからの変更点
@スタンドマイクの横の椅子と椅子用の短いマイクは撤収
Aアンコールは「英雄」(9・25香川公演で復活)「人生を語らず」「旧友再会フォーエバーヤングagain」に変更

MCは中日の優勝とイチローの話から
「コンサートやってる場合じゃないねぇ」
「たかが"天むす"だろ」
「昨年から実現したこういう(ビッグバンド)ツアー。1973年に東京で一度やって、こういうのを長い間やりたかったんだけど、なかなか出来なくて・・。お金の問題でした」

「昨年、お医者さんから"ポン"です。って言われて。(肺ガンの告知の話)"ポン"とかそういう名前がいいよね。大体、濁音がよくないよ。ぱ行がいい。"プン"なんてのだったら可愛くていいのに」

「若い頃は悪いことも色々しました・・犯罪ギリギリの事もしました・・う〜ん、もう時効だよね、犯罪行為もしたよ!!(後ろで瀬尾さんが客席に向かって×印のジェスチャー)」

「来年もツアーをやりたいんだけど、アレンジャーの瀬尾さんが中島みゆきのほうもやっててね。しかも中島みゆきが来年久しぶりにツアーをやるっていうんだ。こうなったら瀬尾さんの取り合いだね。僕のスケジュールは中島みゆき次第」
「でもさ、去年、僕ここで中島みゆきの『夜会』見たんだけど、良かったんだなぁ。踊ったりなんかして。ココだけの話だけど、あのオバサンよく頑張るね!!」

「来年も再来年もツアーやるんだから」

MC途中の弾き語りは、"イメージの詩"、"青春の詩"、"ニワトリの小さな幸福"、"大きな夜"


さてさて、私事ながら、
★10月3日(日曜日)の行程★
5:00 鎌ヶ谷
(車)
6:05 TIMES牡丹駐車場
(徒歩)
6:12 門前仲町
(地下鉄大江戸線)
6:37 新宿
(徒歩)
7:20 新宿駅新南口JRバスターミナル
(中央ライナー1号)
〜高速バスで片道6時間。途中休憩地の諏訪湖、馬篭は寒かった!!しかも雨
〜週刊文春『ライブドア参入阻止のための読売と楽天の談合』記事に読みふける
13:30 名古屋駅バスターミナル
JRタカシマヤ
〜セントラルタワー内の島屋名古屋店は「JRタカシマヤ」と呼ばれる。名古屋駅と直結。中日優勝の福袋が各階で。
〜大名古屋ビルヂング地下のUFJで金をおろす
エスカ
〜太閤通口の地下街エスカにて青柳ういろうを購入〜
(徒歩)
新名古屋
(名鉄)
神宮前
(徒歩)
熱田神宮
〜雨の中、屋外結婚式を見学する
熱田図書館
(徒歩20分)
16:00 名古屋国際会議場
〜開場まで時間があるので周辺をウロウロ
17:30 名古屋国際会議場センチュリーホール
〜吉田拓郎LIVE。20:30終演
20:45 日比野
(地下鉄名城線)
上前津
(地下鉄鶴舞線)
伏見
〜名古屋は女の人が多く、しかも美人が多い、と改めて実感
(地下鉄東山線)
21:30 名古屋
〜KIOSKで赤福購入。構内で人にぶつかりそうになる。
よくみたら経済アナリストの森永卓郎(本物)。ギャーァ!!
〜22:10の新幹線最終
(のぞみ156号)
23:48 東京
00:01大手町
(地下鉄東西線)
00:07 門前仲町
(徒歩)
00:15 TIMES牡丹駐車場
(車)
01:15 鎌ヶ谷