Takuro Mania > Live2014

吉田拓郎 LIVE 2014
-July.04,2014 千葉県文化会館

写真は7月23日スポーツ報知より

スケジュール(首都圏のみ5公演)
6月30日(月) 東京国際フォーラム・ホールA 初日
7月4日(金) 千葉県文化会館
7月7日(月) 川口総合文化センター・リリアホール
7月14日(月) パシフィコ横浜 国立大ホール
7月22日(火) 東京国際フォーラム・ホールA WOWOW収録(9/21放送)


(15:00から正面入口付近でグッズ販売)

17:45 開場

(場内ジャズのBGM)

18:25 ブザー後、場内アナウンス(女性の声)

18:27 拓郎コール+客席の手拍子始まる

18:30 暗転

(ミュージシャンがステージへ)

01.人生を語らず (lyrics&music吉田拓郎,1974)
→前奏が始まり、拓郎がステージへ。拓郎衣装は濃紺地に白の水玉シャツ[85年つま恋・ステージAのようなシャツ]、ジーンズ、サングラス無し。客席スタンディング。定番のアレンジで

02.今日までそして明日から (lyrics&music吉田拓郎,1971)
→客席スタンディングのまま

03.落陽 (lyrics岡本おさみ/music吉田拓郎,1973)
→後奏でステージ背景につま恋2006を思わせる花火の映像。ただし、東京公演よりは映像のサイズが小さい

(拓郎コール)

MC 〜「えーこんばんは、吉田拓郎です(拍手)今、3曲アンコールをお送りしましたけども…それではみなさん、さようなら(客席爆笑)これからあとは惰性で。お座りいただいて結構です、立ってることもないと思うので…これから後は座ってゆっくり聴きながら(客席徐々に座り始める)」

「今から1年半前に、関東だけでやってみたいと申し出て…それで北は埼玉から南は横浜まで(客席笑)広い範囲を巡ったんですが(笑)非常に楽しかった思いがありまして…今回は1個増やそうと。ま、来年また一つ増えるという…(客席拍手)でまあ、僕が80から90になる頃には全国ツアーになるという(客席爆笑)とりあえず最後までごゆっくり…お歌を聞いて帰ってください(笑)」

04.爪 (lyrics松本隆/music吉田拓郎,1978)

05.たえなる時に (lyrics&music吉田拓郎,1991)
→「♪いま君は〜」の歌い出しから始まる

MC 〜「去年の暮れだと思うんです…クリスマスの夜に、ある人から『一緒にやらないか』と番組をやったんですが、向こうは一つ年下なんですが…一個下の生意気な後輩に「こういう曲を歌いたいんだけど」と…彼はまー小田ですけど…(客席笑)『いい曲なんだけど、今回はやめておかない?』と。『今回は』ということは次回はあるのか?と(笑)」

「年が明けて今年、また、とある奴から『番組をやらないか?』と。名前は言いませんけど谷村から(客席笑)あまりお近づきになりたくないという…東京には本人が来てましたから。今日は来てるわけがないので…。。あんまり好きじゃないです(客席爆笑)」

「これはいい練習になるな、と。6曲も歌わせてくれる番組なんてないぜ、と。で、谷村君に『この曲やってみない?』と言ったら『歌いましょう、是非!』と。。。この話の結末は無いんですが(笑)、皆さんの中でいろいろ考えてください、『やめておこう』というのと『歌いましょう!』と。かなり違いがある。どっちがいいとか悪いとか僕の口からは言いません(笑)」

「ひとりは『今回はやめておこう』、ひとりは『ぜひ一緒にやりたいですね!』…。どうする!?(客席笑)」

06.襟裳岬 (lyrics岡本おさみ/music吉田拓郎,1973)

07.僕の道 (lyrics&music吉田拓郎,2012)

08.慕情 (lyrics&music吉田拓郎,2011)

(拓郎さん大好き!コール)

MC 〜「あーどうもありがとー」

「子供の頃は病弱で学校の半分も行けなくて、情けない小学校時代だったんですけど、東京に出てきた頃にはすごくたくましい青年になってたんですね。弱虫の拓郎と呼ばれていた奴がつま恋で朝までコンサートをやるようになったんです。それからまた4年後に篠島って所で。また85年に朝までやってしまって。そしてもう1回朝までやろうと言って夕方までしかやらなかった訳ですが(笑)…年齢と言う壁が。これ以上やったら死ぬと(笑)」

「人生とは変わっていくもので、だんだん自信にあふれてきて。わたくし今年68ですが(客席拍手)客席の大半も老けてるなと思ってるんですが(笑)まだ何かもうちょっと出来るかもしれないという思いを持つのもいいんじゃないでしょうか」

「肺ガンというのもやりましたが、今はすっかり忘れてしまって(客席拍手)…まあ吉田拓郎にしては珍しく説教じみた話になってしまいましたが。どうもすみません(客席拍手)」

09.夏休み (lyrics&music吉田拓郎,1971)
→ステージ背景に夏休みっぽい写真と共に歌詞が映し出される

10.シンシア (lyrics&music吉田拓郎,1974)
→ハーモニカから始まる。後奏でもハーモニカ

11.裏街のマリア (lyrics松本隆/music吉田拓郎,1978)

(拓郎かっこいいよーコール)

MC 〜「1970年代に東京に出てきた訳ですが、それでエレックレコードという屁のようなレコード会社にいたんですけど(笑)、その頃から僕はずっと、カッコいいの(客席爆笑)」

「千葉には前回来てないんですよ。それが問題で、大きな問題が生じてるんです…生じるって分かる?生きるって書いて生じる…ハハハ(拓郎笑+客席笑)ここでは話をしてないからゼロから話すしかないんですよ。他愛ない独り言のような話ですけど、みなさんお好きなようで(客席拍手)」

「千葉のひなびた港町にバーがあるんです。その辺を旅していて、バーに入るんです。お客さんが2人座ってて、50過ぎか50前後…でお酒を飲んでて。で、僕はモヒートを。千葉の場末のバーで(笑)ヘミングウェイが愛していたモヒート。はぁ〜(ため息)」

「お客さんが気づいて『あ、吉田拓郎さんじゃないの?』『はい、本物です』『一緒に飲みませんか』『…で、ちょっと伺っていいですか』…もう芝居が上手いからね(笑)」

「『それでね、お二人の話を聞きたいんですよ。若かった頃の話を聞きたいんですけど、その頃どんな感じで?』『俺も、昔の吉田拓郎さんのように暴れん坊だったかな』『…失礼な話ですね』(客席笑)っていう所までが前回の話だったんですよ(客席笑)」

12.気持ちだよ (lyrics康珍化/music吉田拓郎,1999)

13.サマータイムブルースが聴こえる (lyrics松本隆/music吉田拓郎,1982)
→アルバム「AGAIN」よりもオリジナルに近いアレンジ

(拓郎!あいしてる!コール)

MC 〜「あのー1970年代の頃に…(客席笑)エレックレコードに入ってからずっと愛されてるんです(客席爆笑)」

「さー。。バーがあって。3人で話をしたわけですよ。『人生っていろいろありますね…僕はもう、思うこともないんですよ。僕はバカですから。お2人とも幸せな人生送ってください』って。お店を出て…モヒート2杯で2,870円で(笑)」

「季節は秋。いつの間にか秋になってる。ちょっと寒いな、とコートの襟を立てるんです。ビルの隙間を見上げると、月が。なんだろう?満月?『あー秋だなー』…最近芝居上手いからね(笑)『俺も68か…肩ひじ張って生きてきたけど、自由になれたのかな…』そこにたまたま石があって、蹴ったんです。。…素敵でしょ(笑)」

14.全部だきしめて (lyrics康珍化/music吉田拓郎,1996)
→客席スタンディング。コーラスの宮下文一の"全だきダンス?に行くぞ!"というアピールは東京公演よりは少ない。サビで全だきダンス(2005年DVD参照)
拓郎自身の全だきダンスは最後の1回のみ(手の動かし方は中途半端)

→途中でメンバー紹介。LIVE2012と同じ形式
「Drums河村"カースケ"智康(全演奏を止めてドラムのソロが入るが、スティックを回転させながら上へ投げてキャッチするパフォーマンスに失敗。場内シーンとなる中、河村がもう一回!と人差し指を示し、2回目のチャレンジで成功。演奏再開し、パーカッションの紹介に移る)→Percussion玉木正昭→Bass松原秀樹→Guitar渡辺格→Chorus大嶋吾郎→Chorus今井マサキ→Chorus宮下文一」(全部だきしめてサビ)「Guitar鳥山雄司→Keyboard武部聡志」

15.わしらのフォーク村 (lyrics&music吉田拓郎,1971)
→客席スタンディングのまま

16.淋しき街 (lyrics&music吉田拓郎,1995)
→前奏で着席

(数名が続けて拓郎コール)

MC 〜「ま、そのうち選挙でも出ようかと(客席笑)」

「最近の出来事で…近くのものが読めない(笑)新聞もメガネ無しでは読めない。55くらいから、近くが読めない。ホテルのカウンターで『ここにサインしてください』『…どこですか?』みたいな(笑)あと、おでこにメガネかける癖があるでしょ?で、ピンポーンって宅急便が来てお金1,370円払って、『メガネどこいったかな』ってずーっと30分くらい探して『なんだここに(おでこを指しながら)あるじゃないか!』って。。。笑えないでしょ(客席笑)」

「あんなサプリメントのコマーシャルなんかもウソで。『50からが人生だ、60からが勝負だ!』とかあれはウソだよ。ありえないよ。50から勝負はできないし、60になったら倒れるだけだよ(客席爆笑)みんなが無理矢理元気にさせられてる」

「えー、一緒にやってくれている仲間は皆僕より若いですが、今日の演奏は冴えててホントにうまいと思うでしょ?こんないいグループはあまりない。結婚したいぐらい(笑)演奏がベストでしょ。グルーヴ感がベスト。で、着ているものがベストでしょ(客席笑)」

17.アキラ (lyrics&music吉田拓郎,1993)
→かつてのタイトルは「AKIRA」だったが、アルバム「AGAIN」では「アキラ」になっている
 登場する女の子が「YOKO」から「サユリ」に変わった

18.僕達はそうやって生きてきた (lyrics&music吉田拓郎,2001)
→東京公演と異なり、少なくとも1階席は全員スタンディング。
 後奏で拓郎「ありがとうー!」。演奏後に拓郎・ミュージシャン全員がステージ前方に一列に並ぶ。メンバー全員が横一列に手をつないで、一旦上方へ手を上げてから全員で一斉にお辞儀。その後全員袖へ下がる

アンコール

(まず、拓郎のみステージへ。白地に小さい黒の水玉シャツに衣装替え。ジーンズはそのまま)

19.こうき心 (lyrics&music吉田拓郎,1970)
→弾き語り。後半でミュージシャンが出てくる。客席スタンディング

20.アゲイン (lyrics&music吉田拓郎,2014)
→完全版。客席スタンディングのまま
 LIVE2012と本公演の「バー」の話はこの曲の歌詞に繋がっていたのではないか?

21.春だったね (lyrics田口淑子/music吉田拓郎,1972)
→もちろん客席スタンディング

22.純情 (lyrics阿久悠/music加藤和彦,1993)
→客席スタンディングのまま
 後奏で拓郎ギターを置き、ステージに向かって左、右、中央で3回それぞれ定番の長いお辞儀。「サンキュー!」「ありがとうー!」をそれぞれ。バックステージへ。演奏後ミュージシャンもバックステージへ。コーラスの宮下文一がステージに向かって左前方の客席に何か(ピック?)を投げようとするが失敗。客電が明るくなる中、宮下は2回目再び客席に投げて、客席がキャッチした所で袖へ下がる

20:55頃 終演(公演時間2時間25分程度) (※詳細な時間をメモしておりませんでした)

(場内BGM「夏の日の恋」パーシーフェイスオーケストラ)

※文中のミュージシャンは全て敬称略。