Takuro Mania > Live2014

吉田拓郎 LIVE 2014
-July.07,2014 川口総合文化センター・リリアホール

写真は7月23日スポーツ報知より

スケジュール(首都圏のみ5公演)
6月30日(月) 東京国際フォーラム・ホールA 初日
7月4日(金) 千葉県文化会館
7月7日(月) 川口総合文化センター・リリアホール
7月14日(月) パシフィコ横浜 国立大ホール
7月22日(火) 東京国際フォーラム・ホールA WOWOW収録(9/21放送)


(15:00から正面入口付近でグッズ販売)

17:45 開場

(場内ジャズのBGM)

18:25 ブザー後、場内アナウンス(女性の声)

(18:28 1階席中央から手拍子が始まるが全体に広がらず、中途半端でまとまらない)
(18:29 ライターの田家秀樹が1階10列後方の通路をスタッフと通過)

18:31 暗転

(ミュージシャンがステージへ)

01.人生を語らず (lyrics&music吉田拓郎,1974)
→前奏が始まり、拓郎がステージへ。拓郎衣装は濃紺地に白の水玉シャツ[85年つま恋・ステージAのようなシャツ]、破れたジーンズ、サングラス無し。客席スタンディング。定番のアレンジで

02.今日までそして明日から (lyrics&music吉田拓郎,1971)
→客席スタンディングのまま

03.落陽 (lyrics岡本おさみ/music吉田拓郎,1973)
→後奏でステージ背景につま恋2006を思わせる花火の映像。ただし、東京公演よりは映像のサイズが小さい(千葉公演と同じサイズ)

MC 〜「みなさんこんばんは吉田拓郎です(客席拍手)はじめからアンコールのような…(客席爆笑)もうやり尽くしたと…思います…少しくつろいでご歓談下さい…私たちは…淡々と演奏し続けます…。このコンサートはコンサートツアーと言うには程遠いものがありまして…多くの方は全国を回っておられるんですが…うらやましいというよりはバカらしい(客席笑)わたくしの場合は…北は埼玉…南は神奈川横浜…この広範囲を回っているわけで…(笑)一昨年は埼玉は大宮でやりました(客席拍手)大宮も川口も違いが分からない(客席笑)」

「今日はご機嫌の方がいいようですので(客席拍手)自分のコンディションによっては体力が続けば一曲くらい(追加して)やってもいいかなと(客席拍手)ま、今だけの話ですから(笑)それでは、どこまで立っていられるか」

04.爪 (lyrics松本隆/music吉田拓郎,1978)

05.たえなる時に (lyrics&music吉田拓郎,1991)
→「♪いま君は〜」の歌い出しから始まる

(照明が消えて拓郎がドリンクを飲んでいる間、客席がシーンと静かになっている)

MC 〜「すごく、くつろいでるね(笑)シーンって、何の物音も聞こえなかったね。そろそろ倒れると思ってるんじゃないのかな」

「昨年の暮れに、1個下の生意気な奴(小田和正)から『一緒にやってみないか?』って誘われて、打ち合わせをしたんです。そうしたら『この4曲を歌ってほしい』と。で、こちらから『襟裳岬を君と歌いたい』って言ったら、『なるほどね〜。それは今度にしよう』と…(客席笑)今度がいつなのか分からないまま終わってしまいましたが(笑)」

「その後、別の奴からまた連絡がありまして…僕は好き嫌いがはっきりしてますから…それであまり興味のない人(谷村新司)だったんですが(客席笑)、6曲も歌わせてくれると。。これはいい練習になりそうだと(笑)で、『俺の方からリクエストしちゃ駄目?襟裳岬を…』と言ったら『素晴しいですね!!一緒にやりましょう!』と…」

「どっちがいい奴なのか、どっちが本物なのか…。よく考えてみよう(笑)」

06.襟裳岬 (lyrics岡本おさみ/music吉田拓郎,1973)

07.僕の道 (lyrics&music吉田拓郎,2012)

08.慕情 (lyrics&music吉田拓郎,2011)

(拓郎コール)

MC 〜「1970年頃に広島から東京に出てきたんですけど、その時から僕はずっと、カッコいいんですよ(客席爆笑)あと、素敵か素敵じゃないかって話で言えば、僕は素敵なんですよ(客席笑)」

「僕の子供の頃は体が弱くて、学校も半分くらいしか行かなくて、今でも覚えてるんですよ…ムラモト先生(客席笑)…チョークの付いた棒で叩かれて…。憎いなあー(笑)それがだんだん丈夫になってきて、東京に出てきてから病気一つしなくなって、朝まで歌うようになってしまって(客席拍手)皆さんね、普通、朝まで歌えませんよ(笑)それからまた篠島で、それからまたつま恋で、もう一回つま恋で『朝までやろう』って夕方で終わったんですが(客席笑)」

「人間ていうのは何がきっかけで変わっていくか分からない。まっ、何が言いたいのかよく分からないんですけどハハハ(笑)…ま、要するにいろいろあるってことよ(客席爆笑)」

09.夏休み (lyrics&music吉田拓郎,1971)
→ステージ背景に夏休みっぽい写真と共に歌詞が映し出される。客席の一部は合唱

10.シンシア (lyrics&music吉田拓郎,1974)
→ハーモニカから始まる。後奏でもハーモニカ

11.裏街のマリア (lyrics松本隆/music吉田拓郎,1978)

(拓郎コール)

MC 〜「今日は、あの…七夕だね。七夕って言うのはオリヒメとヒコボシが年に一度デートする。違う?(客席笑)年に一度会えるわけですよ。いいね〜(笑)毎日会ってる人とだと…エヘヘ…皆さんも身に覚えあるでしょうけど、どうなんだ!?と思う時あるでしょ??…どうなの?『このヤボ天!』とか(笑)」

「さて、1年半前に大宮に来た時は、バーの話が…(客席拍手)この話が先に進まないんですよ(笑)お聞きになっていない方もいると思うので、前回までのあらすじを…(客席笑)」

「川口の駅の近くの、とあるバーに行くんです…秋に…コートの襟を立てて。その姿を想像するだけで石原裕次郎だね…(笑)『こんばんは』って。お客さんがカウンターに2人座ってて、山田さんと鈴木さん。『あ、いらっしゃい』『…モヒート下さい』…モヒートというのはヘミングウェイが愛した飲み物で…僕、ヘミングウェイみたいでしょ(笑)」

「飲んでるうちに…山田くんと川口くんでしたっけ??(客席笑)会社員かビジネスマンで、50過ぎぐらいで『あれ?吉田拓郎さんじゃないの?』『はい、吉田拓郎と申します』『何でこんな川口へ??』『ちょっと知り合いがいて…』いませんよ!(客席笑)『一緒に飲みませんか?』『お二人とも若い頃はどんな若者だったんですか』そしたら山下さんが…誰だっていいじゃない(客席爆笑)」

「『僕は暴れん坊で…』『僕そっくりですね』って。こちらの中野くんは大人しくて。『二人とも結婚してるんですよね』って。ここから先はまた後で(笑)」

12.気持ちだよ (lyrics康珍化/music吉田拓郎,1999)

13.サマータイムブルースが聴こえる (lyrics松本隆/music吉田拓郎,1982)
→アルバム「AGAIN」よりもオリジナルに近いアレンジ

(拓郎コール)

MC 〜「で、そのバーを出て(客席笑)…風が冷たい。『おー寒いよ…』…芝居も上手いね(笑)『年齢的なものもあるんだろうな…(笑)寒いな』ビルの間というかすき間…谷間?(客席笑)を歩きながら空を見上げると月が出てる…中秋の名月…("旅の宿"のイントロで客席拍手)♪浴衣の君は〜すすきのかんざし〜(弾き語り)…高い!!(キーのこと)貧血が起きるかと思った」

「その月を見ながら『俺も若い頃いろいろあったけど、若い時は色んなものを求めていたし、欲しいものがたくさんあったから。何よりも自由になりたい…』って。『自由になれたかな…おー…寒いな…』下を見ると、石があったんですよ。。『オーバケーー』(バンドメンバー大爆笑)何のことか分からないでしょ?川口の人には分からないから…(6/30東京公演でのハプニングについて、バンドメンバーでネタになっていた模様?)これ内うちだからほっといていいよ(客席爆笑)で、石があったんです。石をポンー!って蹴った。いい話だったでしょ?…話終わったよ??(客席笑)」

14.全部だきしめて (lyrics康珍化/music吉田拓郎,1996)
→客席スタンディング。最初のサビの直前にコーラスの宮下文一が"全だきダンス?に行くぞ!"の激しいアピール。サビで全だきダンス(2005年DVD参照)。メンバー紹介前に拓郎1回全だきダンス

→途中でメンバー紹介。LIVE2012と同じ形式
「Drums河村"カースケ"智康(7/4千葉公演のようなスティックを投げるパフォーマンスは無し)→Percussion玉木正昭→Bass松原秀樹→Guitar渡辺格→Chorus大嶋吾郎→Chorus今井マサキ→Chorus宮下文一」(全部だきしめてサビ)「Guitar鳥山雄司→Keyboard武部聡志("結婚しようよ"の冒頭をソロ演奏)」
→メンバー紹介後は拓郎3回全だきダンス

15.わしらのフォーク村 (lyrics&music吉田拓郎,1971)
→客席スタンディングのまま

16.淋しき街 (lyrics&music吉田拓郎,1995)
→前奏で着席

(拓郎さーん!!コール)

MC 〜「はいはい…」

「最近の傾向として、忘れっぽい(笑)あと、メガネ掛けないと新聞を読めない(笑)で、そんなところにピンポーンって宅急便が来るのね。僕は結構、ネットで宅急便を使うのが好きな男なんですよ(笑)あと、宅急便の人には礼を尽くしてお釣りを少なくする(客席シーンとなる)…そんなシーンとされても(客席笑)」

「『助かります!』『あー、また人を1人助けたな』と(客席笑)で、戻ってメガネ。メガネー!!って探したけど無いの。おでこに引っ掛けてることすっかり忘れて、鏡見て『ここにある…』と愕然。。。あと、歯みがきしてる時は情けない顔をしてる(笑)」

「さて、私たち一緒にコンサートツアーを広範囲に渡ってやるんですが(客席笑)メンバー達は本当に素晴しくて、ホントに日本で一番いいバンドが集まって(客席拍手)いい人たちとやってると音楽が楽しくなるし、またやりたくなる(客席拍手)そういう意味でも、ベストのメンバーですね。それで、ベストを着てます(客席笑)」

17.アキラ (lyrics&music吉田拓郎,1993)
→かつてのタイトルは「AKIRA」だったが、アルバム「AGAIN」では「アキラ」になっている
 登場する女の子が「YOKO」から「サユリ」に変わった

18.僕達はそうやって生きてきた (lyrics&music吉田拓郎,2001)
→1階席前方(1-10列目)がなかなか立たない。11列目から後ろがスタンディング。前方は演奏後にやっとスタンディング
 演奏後、拓郎「ありがとうー!」。拓郎・ミュージシャン全員がステージ前方に一列に並ぼうとするが、ギターの渡辺格が腰につけた器具(アンテナ?)の取り外しに手間取って、拓郎をはじめメンバーが一列に並んだまま渡辺のいる後ろを振り向く。その後渡辺が左端に加わり、カーテンコール(全員が横一列に手をつないで、一旦上方へ手を上げてから全員で一斉にお辞儀)。その後全員袖へ下がる

アンコール
→1階席前方、アンコールの手拍子に入った途端に座ろうとする者多数

(まず、拓郎のみステージへ。白地に小さい黒の水玉シャツに衣装替え。ジーンズはそのまま)

19.こうき心 (lyrics&music吉田拓郎,1970)
→弾き語り。後半でミュージシャンが出てくる。1階前方も含めて、客席スタンディング

20.アゲイン (lyrics&music吉田拓郎,2014)
→完全版。客席スタンディングのまま
 LIVE2012と本公演の「バー」の話はこの曲の歌詞に繋がっていたのではないか?

21.春だったね (lyrics田口淑子/music吉田拓郎,1972)
→もちろん客席スタンディング

22.純情 (lyrics阿久悠/music加藤和彦,1993)
→客席スタンディングのまま
 後奏で拓郎ギターを置き、ステージに向かって左、右、中央で3回それぞれ定番の長いお辞儀。「ありがとうー!」を2回。他にも口元で「ありがとう」を連呼。バックステージへ。演奏後ミュージシャンもバックステージへ。コーラスの宮下文一がステージに向かって左前方の客席に何か(拓郎のピック?)を投げる。1階席6-7列目の中央よりステージに向かって左側の客がキャッチ

20:55 終演(公演時間2時間25分)

(場内BGM「夏の日の恋」パーシーフェイスオーケストラ)

※文中のミュージシャンは全て敬称略。
※会場前にダフ屋が数名いた他に、川口駅から会場にかけて「チケットを譲ってください」とプラカードを持った人々が10名弱。
※「純情」の前にスタッフに誘導されて杖をついた瀬尾一三らしき人物が退出(これは裏を取っていません。あくまで、瀬尾さんに似ていたため、記載しておきます)